不動産登記事項証明書

翻訳証明書つき不動産登記事項全部証明書等の翻訳

遺産の相続、その他で外国機関に提出する申請書類のひとつとして亡くなられた方の死亡診断書、死亡届の他に不動産登記事項証明書などおよびその翻訳の提出を求められることがあります。またビザ申請その他で不動産を所有していることを証明するために所有する不動産の土地・建物の登記事項証明書とその翻訳を提出することがあります。また、相続人を確認するための書類として戸籍謄本の翻訳が必要になることも普通です。遺言書などで相続人が確定していない場合は他の法定相続人の存否を確認するためにかなり過去の尊属をたどることも必要になることがあり、この場合、現在の戸籍謄本のほか、除籍謄本、いくつかの改製原戸籍謄本などの翻訳を依頼される方もあります。翻訳の公正性をまもるために、翻訳、英訳、和訳は本人以外の第三者、翻訳会社のする翻訳を要求する国や機関もあり、また本人の翻訳で差し支えない提出国、機関もあります。登記事項証明書(土地登記事項証明書、建物登記事項証明書)の翻訳を必要とする機会はたくさんあります。

不動産登記事項証明書を日本語から英語へ翻訳する必要がある方は、ぜひ翻訳のサムライの翻訳サービスをご用命ください。翻訳のサムライは1999年の創業以来、数多くの証明書翻訳を手がけ、そのコンスタントな品質で多くのクライアントさま、また提出先各機関の信頼を得ています。実績の翻訳会社、翻訳のサムライの翻訳を証明書類に添えて申請書類を提出すれば、書類の妥当性には万全です。

不動産登記事項証明書の翻訳
土地登記全部事項証明書 土地登記事項証明書 建物登記全部事項証明書
建物登記事項証明書 土地・家屋総合名寄帳登録事項証明書 土地評価証明書
土地、建物の全部事項証明書 事項証明書 固定資産土地課税台帳登録事項証明書
固定資産(土地)評価証明書 固定資産(建物)評価証明書
  • 納期:通常で5営業日後の納品となります。最短で翌日納品可能(特急料金が加算されます)
  • 不動産鑑定評価書などの翻訳については、弊社メインURL 翻訳のサムライメインサイトの不動産翻訳のページをご参照ください。
  • 商業登記簿、会社登記簿についてはこちら → 会社登記簿
  • 日本の法律では不動産は土地と建物は区分されており、従って登記も土地と建物が区別されて記録されています。更地で所有している場合を除いて、たいていの場合土地の上に建てられた建物を所有している場合が普通ですので、資産の証明として不動産の登記簿、固定資産評価証明書などを提出する必要がありすべての不動産を含める場合は、土地の登記簿(または土地の固定資産評価証明書)と建物の登記簿(または建物の固定資産評価証明書)の翻訳、英訳が必要です。
  • なお、マンションなどの区分所有住宅の所有についての証明書は、所有しているのは専有部分の建物の他、区分所有建物が建っている土地の敷地権(所有権又は地上権、賃借権などの使用権の場合があります)の共有部分もありますので、建物登記事項証明書に加え、土地登記事項証明書も付随します。

不動産の賃貸借契約書

ビザ申請で例えばいわゆるフィアンセビザで外国の国の方が日本人の方を招聘する場合、同居していた証明の一つとしてアパートの賃貸借契約書とその翻訳が重要な資料のひとつとみなされることがあります。そのほかの事情で同居しているアパートの賃貸契約書の翻訳が必要な場合には翻訳のサムライの翻訳サービスをご利用ください。

翻訳のサムライでは不動産関連の文書の翻訳には特に経験が深く、不動産賃貸借契約以外にも、売買契約、不動産の登記事項証明書、鑑定書、その他不動産関連の書類の翻訳なら翻訳のサムライにおまかせください。

翻訳証明書

  • すべての証明書の翻訳品には弊社の社印と翻訳者の署名が入った翻訳証明書をお付けして納品させていただきます。
  • 各種証明書翻訳に実績ある翻訳会社の翻訳証明書ですので、査証申請の提出書類でも安心です。

一番選ばれている翻訳証明サービス

翻訳のサムライが翻訳した翻訳品と翻訳証明書は世界各国の機関に提出されています。
✓見積もり無料 ✓送料無料 ✓プロによる安心の翻訳

今すぐ見積もりを依頼する