ウェブサイトの翻訳

ホームページ、ウェブページの翻訳

ホームページの翻訳は、翻訳だけでは終わりません。ターゲット言語を使う人たちに見てもらえる状態にしてこそ、「翻訳」の仕事です。英語版のホームページを持っているサイトはたくさんあります。ところが、英語のブラウザで見ると文字化けして見えない、英語の検索エンジンで検索してもさっぱりリザルトに出てこない、というサイトが大部分です。翻訳のサムライでは、ホームページの英語への翻訳は、ネーティブの人たちに「見せる」ページを作成します。

ipad-820272_1920

注文の仕方は簡単。

英語に翻訳を希望するサイトのURLと、ページ名をお知らせください。サムライにて日本語と同様のフォルダー構成で英語版の各ページをHTMLで作成し、納品いたします。お客様は、変更したフォルダー名などを反映してしてパスを書き換え、サーバーにアップするだけです。文字化けの心配はありません。

目には見えないヘッドのメタタグ(タイトル、キーワード、サイトの説明)も英語に翻訳します。英語の検索エンジンにもヒットし、英語のブラウザで開いたページはタイトル、説明も英語できれいに表示されます。ホームページの翻訳は、HTMLファイルのプロ集団、翻訳のサムライにお任せください。

翻訳料金

日本語ホームページの英語化:

ホームページの原稿1文字あたり、16円の単価で完璧な英語に翻訳いたします。

翻訳のサムライのホームページ翻訳の特徴

英語がうまい

翻訳のサムライの翻訳はすべてソース言語(日英訳の場合は日本語)をネーティブ言語とする日本人翻訳者、ターゲット言語(日英訳の場合はアメリカ人、イギリス人など)をネーティブ言語とするエディター(校正者)がペアとなり原稿作成から構成段階までにわたって作業をします。したがって、原文の誤訳をしない、また表出された言語を美しいネーティブに読みやすい自然な表現をするという両立の難しい翻訳に必要な2つの要請を高いレベルで実現します。

ホームページの翻訳を担当する日本人翻訳者はTOEIC990点の主任翻訳者永江俊一。造船、自動車、不動産などの実務の知識に加えて、グーグル検索のプロ。翻訳する用語は必ず裏づけをとり、業界用語を逃しません。「絶対に」誤訳のない翻訳です。英文の書き直しは、読みやすい英語を追求するアメリカ人(あるいはイギリス人)があたり、専門度の高い文章には、その産業に特化したエディターにさらに用語のチェックをかけます。徹底的に使える英語にするのが翻訳のサムライ流です。

HTMLファイルがうまい

翻訳のサムライは、クライアントのホームページ翻訳を多数納品した経験とSEO(検索エンジン最適化)対策とを通じてHTMLファイルの知識を蓄積してきました。海外の検索エンジンのサーチリザルトに上位表示できる「見せる」英語ホームページを作成します。

HTMLファイルで納品します。

ブラウザ上で作業するので、バグの残しがありません。ここでは、バグとは、全角の括弧、句読点、スペースなどが残されたために文字化けしてしまうものを指します。通常ブラウザ上では目に見えない、画像のALT、タイトルも、英語に変換します。通常ブラウザ上では目に見えないヘッドの「タイトル」「キーワード」「サイトの説明」もきれい な英文に変換 します。「キャラクターセット」も英語のブラウザに対応するキャラクターセットに変換します。 現在ISO-8859-1、UTF-8などを多く使用しています。

翻訳の侍では自ら翻訳した翻訳文を理解してHTMLファイルに仕上げるので、ウェブ制作会社が翻訳会社の上げてきたテキストファイルに基づいてHTMLファイルに変換した英語のホームページによく見られるような、テキスト位置の置き間違いなどの誤記がありませ ん。

  • 納品後英語のインデックスページのURLを通知いただければ、米国のYahoo!サーチ、Googleにサイトを登録通知します。
  • 希望によりYahoo、Google以外の中堅の米英検索エンジン、ディレクトリ(無料登録のもの)にサイトを登録代行いたします(米国のYahoo!サーチ、Googleへの登録以外はオプション)。