死亡証明の翻訳

ホーム > 死亡証明の翻訳

死亡届・証明書、死亡診断書、戸籍届書記載事項証明書(死亡)の翻訳

家族の方にご不幸があった場合、相続、海外資産の処分、財産分与、口座の閉鎖、預金の引出しなどの目的で、以下の書類とその翻訳の提出を求められることがあります。

  • 戸籍届書記載事項証明書(死亡)の翻訳
  • 死亡診断書の翻訳
  • 検案書の翻訳
  • 検視調書の翻訳
  • 死亡証明書の翻訳
  • 死亡届の翻訳
  • 死亡届受理証明書の翻訳

通常死亡診断書と死体検案書は同一のフォームに記入されており、病院の医師が患者の死亡を確認した場合に発行する書類が死亡診断書で、解剖その他死体を検案した場合に監察医や警察医などの医師が発行する書類は死体検案書になり、この場合該当しない方の書類名すなわち死亡診断書に二重打消し戦で消して死体検案書となるのが普通です。

これらの死亡に関連する書類とその翻訳については、翻訳の公正性をまもるために翻訳は本人以外の第三者、翻訳会社のする翻訳を要求する国や機関が多く、またことの重大性から翻訳に公証を要求される場合も多いようです。

遺言状を残さずに亡くなられた場合には、海外資産の名義変更、売却、預金口座の引出しには他の相続人がいない事を確認するため、戸籍謄本、除籍謄本、さらに改製原戸籍の翻訳が必要な場合もあります。
戸籍謄本の翻訳

また、外国に家族がおられる場合には、死体火葬許可証の翻訳、埋葬許可証、火葬証明書の翻訳などが必要な場合もあります。
また国外の海で散骨するために遺骨等を国外に持参する際に、またはその他の理由で遺骨等を海外に移動する際に火葬証明書等、埋葬許可証、火葬許可証の翻訳を求められる場合もあります。

提先の要件を提出先機関に確認して、必要な翻訳は弊社翻訳のサムライにお任せください。

翻訳のサムライは1999年の創業以来、その確実な品質で多くのクライアントさまの信頼を得ています。翻訳のサムライの翻訳を証明書類に添えて申請書類を提出すれば書類の妥当性には万全です。

死亡証明書類の種類と料金

戸籍届書記載事項証明書(死亡)

英訳料金:10,000円

死亡届

英訳料金:5,000円

死亡診断書

英訳料金:6,000円

検案書

英訳料金:6,000円

死体火葬許可書

英訳料金:6,000円~(原稿拝見次第お見積り)

納期

  • 納期:通常で5営業日後の納品となります。最短で翌日納品可能(特急料金が加算されます)

翻訳証明書

  • すべての証明書の翻訳品には弊社の社印と翻訳者の署名が入った翻訳証明書をお付けして納品させていただきます。
  • 各種証明書翻訳に実績ある翻訳会社の翻訳証明書ですので、死亡の証明を目的とするすべての用途の法務申請、査証申請、相続関係申請の提出書類として安心です。

翻訳の公証

  • 死亡届、死亡診断書(死体検案書)等は財産の名義変更、銀行口座の閉鎖または引き出し等に関連して必要となることが多く、ことの性質上書類の信憑性が非常に重要となるため翻訳の公証を依頼される方が非常に多くなっています。
  • 提出先の要件を確認して、翻訳の公証が必要な場合は併せてご依頼ください。
  • 公証役場で公証する場合、公証役場あるいは法務局の公証人押印確認、外務省公印確認などで提出先又は提出理由などの情報が必要になります。死亡証明書等の翻訳について公証が必要な方は詳細について弊社「公証のページ」をご参照ください。
過去に英語から日本語に翻訳した文書例
遺産分割協議書 梱包証明書(死体)
死体火葬許可証 火葬証明書
死亡届
(戸籍届書記載項証明書)
死亡診断書
検案書 その他死亡届関連書類の翻訳
一番選ばれている翻訳証明サービス
翻訳のサムライが翻訳した翻訳品と翻訳証明書は世界各国の機関に提出されています。
✓見積もり無料 ✓送料無料 ✓プロによる安心の翻訳
今すぐ見積もりを依頼する