証明書翻訳

証明書の翻訳(英訳、和訳など)

翻訳のサムライの証明書翻訳

翻訳のサムライではビザ申請等の用途に関する証明書翻訳を承ります。翻訳書類には翻訳証明書をお付けします。当社が翻訳した翻訳品と翻訳証明書は世界各国の機関に提出され、長期間にわたる実績があります。戸籍謄本や残高証明、出生証明書など証明書翻訳の一覧はこちら >証明書翻訳の一覧

ビザ申請等あらゆる場面で必要な証明書翻訳

国際結婚留学海外赴任などのためアメリカ合衆国、カナダ、イギリス、オーストラリアその他の国にビザ申請をする場合、戸籍謄本、出生証明書、婚姻証明書などと一緒に英文の翻訳(英訳)を提出するよう求められることがあります。

また、ご家族が開設された海外の銀行口座の解約等のため、死亡診断書と戸籍謄本とその翻訳、海外支店の開設で登記簿会社の定款その他の書類と翻訳が必要になることもあります。翻訳の公正性をまもるために、海外へ提出する翻訳文は本人以外の第三者あるいは翻訳会社が行ったものを要求する機関が大多数です。

翻訳のサムライの証明書翻訳サービス

証明書を日本語から英語へ翻訳(英訳)する必要がある方は、ぜひ翻訳のサムライにお任せください。翻訳のサムライは1999年の創業以来、ビザ申請関や相続の証明書類など、数多くの証明書翻訳を手がけています。翻訳には翻訳証明書Certificate of Translation)を添付します。

翻訳証明書とは、翻訳会社が翻訳の内容(原文との合一性)に対する責任を明らかにするもので、翻訳会社の名称、所在地、連絡番号などが書かれたレターヘッドに、翻訳者の署名が入ります。翻訳者について国家資格のない日本では、「認可翻訳者による翻訳」(”certified translation“又は”translation by certified translator“) という場合、「翻訳証明書」付きの翻訳がこれに対応すると理解することができます。

翻訳のサムライは迅速・丁寧な翻訳をいたします。証明書翻訳の翻訳品は郵便局のレターパックで配送手配しますので、関東、関西、中京地域、九州地域など日本の主要都市には配送後翌日に到着します。書類は自宅に到着するまで郵送状況がパソコン上でリアルタイムで追跡できます。⇒ 翻訳書類の発送と納期

主な証明書翻訳

翻訳のサムライにご依頼の多い証明書翻訳の一覧はこちらを御覧ください。
⇒ 証明書翻訳の一覧

翻訳証明書

日本語から英語への翻訳英訳(日本の公文書等とその翻訳を外国の移民局等の機関に提出する場合)

外国に提出する場合の翻訳には翻訳証明書がないとほぼ意味がないとされるほど、翻訳証明書は重要です。海外には翻訳に関する認定制度がある国が多く、「公文書の翻訳はcertified translation であること」、または「公文書の翻訳 はcertified translatorによってなされること」など指示してあることが多いです。前述したとおり、翻訳者について国家資格のない日本では翻訳会社が作成する翻訳証明書を添えるということで対応すればよいでしょう。

翻訳のサムライでは、すべての証明書の翻訳品には弊社の社印と翻訳者の署名が入った翻訳証明書を添付して納品させていただきます。各種証明書翻訳に実績ある翻訳会社の翻訳証明書ですので、査証申請の提出書類でも安心です。多くの提出先で要求する翻訳証明書の要件の主なものは、

1. 翻訳者の氏名、翻訳会社の会社名、住所、電話番号その他の連絡先が入っていること。
2. 会社の社印が押されていること
3. 会社のレターヘッド用紙に印刷されていること
4. 原文どおりに正確、誠実に翻訳をした宣言文が入っていること、などです。
※翻訳のサムライの翻訳証明書サンプル

外国語から日本語への翻訳、和訳(外国の公文書等とその翻訳を日本の諸機関に提出する場合)

日本では翻訳については自分で行っても可となっていることが多く、したがって翻訳証明書を必要とすることはあまりありません。ただし、誰が翻訳したかは届けなければなりません。翻訳のサムライでは翻訳者の所在をあきらかにするために翻訳証明書(日本語)を発行いたしますので、提出の必要がない場合はこれを除いて外国語の原本と翻訳品だけを提出してください。

翻訳の公証

大抵の場合、翻訳会社が発行する翻訳証明書を提出すれば要件を満たせるようですが、提出先機関や目的によっては翻訳に公証を求められる場合もあります。提出先の要件を確認して、翻訳をご依頼ください。
公証についてはこちらをご参照ください。 ⇒ 公証サービス

一番選ばれている翻訳証明サービス

翻訳のサムライが翻訳した翻訳品と翻訳証明書は世界各国の機関に提出されています。
✓見積もり無料 ✓送料無料 ✓プロによる安心の翻訳

今すぐ見積もりを依頼する